人が亡くなった時に、自分が喪主になることがあります。
その時、悲しいと思うこともなくいきなりたくさんのことをすることになるのです。
 その場合は、とても辛い気持ちを変えながら実施することになります。
その喪主として実施することになる内容について、ご紹介します。

◆亡くなった人の葬儀を準備する
亡くなった人の葬儀について、いきなり考えることが必要です。
その葬儀は、突然の場合は仕方がないのですがもしもいきなりということではない場合は、あらかじめ生きている時に話し合いをしておくことをおすすめします。
 その人とどんな葬儀をして欲しいのか、どんな人を呼ぶのかということなどを話すのです。
生きている間に不謹慎と思うこともありますが、それはとてもたいせつなことです。
すると葬儀社選びや、その予算、呼ぶ人などを戸惑う事無く決めることができます。

◆葬儀の挨拶を考える
葬儀では、喪主が最後に挨拶をすることになります。そのことも心得ておくことも大切です。
 しかしそれをできないという場合も、もちろんありますね。その場合は、代わりの人に依頼をするか、葬儀場のスタッフにお願いをする場合もあります。
突然のことなので、自分の状態に応じて実施します。