葬儀は地方や宗派によって、独特の習慣・儀式があり、習慣・儀式の多様化は昔からありました。その習慣・儀式の多様性は、葬儀を葬儀会館で営む事が増えた事で、次第に減少して同質化してきました。しかし最近ではこうした地方の習慣や宗派の違いによる多様ではなく、葬儀を営む考え方自身が変化し、実質的で簡素な葬儀を営む傾向が強くなっています。

昔ながらの葬儀では、会社関係や近隣の方々等が多数参列する葬儀が当たり前と言えます。もちろん一般の方々が参列する従来の葬儀を営まれる方も、もちろんおられます。しかし家族や親族やごく親しい友人等の少人数で、しめやかをに営む家族葬が非常に増えているのです。これは高い費用を掛けて派手な葬儀を営むのではなく、故人とごく身近な人達だけで、しめやかに故人を送りたいと考える人が増えている事によるものです。

また通夜を営まずに、葬儀のみを行う1日葬も、家族葬の1つの方法として増えています。いずれも小規模な葬儀とする事で費用が抑えられるメリットがあり、合理的な考え方をする方が増えているとも言えます。

また遺骨を焼く、焼場で読経をしてもらい、それを葬儀とする直葬も増えています。もちろん、この直葬なら費用は非常に抑える事が出来ますが、少し寂しすぎる感じもあります。

こうした事から、最近の葬儀の多様化の中でも、特に家族葬を営む方が増えているのです。

しかしいくら家族葬でもペットまで対応してくれる葬儀社はなかなかないかもしれません。ペットといえど家族同然。

最近はペット専門に扱ってくれる葬儀者も増えてきています。それだけ大事にされている飼い主が増えてきているということでもあります。

また葬儀だけでなくお墓までペット専門に扱う霊園が増えてきています。

たとえば市原市の動物霊園などが代表例といえます。