葬式と言っても1つではありません。生前、故人が希望していた葬儀で行う事が一番の理想です。
では、どのような種類があるのでしょうか?

一般葬
通夜、告別式を行う葬儀の事です。
遺族や親族だけではなく故人と縁があった人(知人、友人、職場関係者)等も参列します。
費用は全国平均で200万円程にかかるようですが葬儀業者や葬儀場所、参列する人数等によって大きく変わってきます。
憔悴して冷静な判断が出来ない状況ではありますが、葬儀内容を全て葬儀業者任せにするのはやめましょう。
葬儀業者に任せた結果、膨大な葬儀費用を支払う事になった例もあります。

家族葬
字のごとく家族のみで行う葬儀の事です。近年ではこの家族葬をする傾向が増えつつあります。
家族葬ではありますが場合によっては親しくしていた友人等が参列する事もあります。
費用は全国平均で50~100万円程です。

社葬、合同葬
会社の代表者等が亡くなった時に行う葬儀の事です。
葬儀は大規模なものになるので葬儀の事前準備等に時間がかかります。
費用は会社の規模により異なってくる為300~3,000万円程と幅広いです。

密葬
遺族や親族の身内だけで行うもので広く知らせずに葬儀する事です。
後日、お別れ会を開く事もあります。費用は家族葬と同程度くらいかかるようです。

一日葬
通夜をせず告別式だけを行う葬儀の事です。
葬儀を行うのでそれなりの準備が必要になります。
費用は全国平均で50万円程です。

直葬
通夜、葬儀を行わず火葬だけをする葬儀の事です。
直葬の流れはご遺体を自宅や病院から直接火葬場で搬送し火葬します。
最近ではこの直葬に関心を持たれている方が増えつつあります。
最大のメリットは葬儀費用があまりかからない事で費用は全国平均で20万円程です。
しかし費用は安く済む一方、手続きをすべてを遺族側でする必要があります。

このように葬式は数種類あるので選択出来ます。もし葬式スタイルに希望があるなら生前のうちに詳細を伝えておく事をお勧めします。
そうすれば本人も家族も安心出来ます。